ひこうき雲

格安航空会社 - LCC -

最近流行りのLCC。いわゆる格安航空会社のこと。ジェットスターとかピーチとかがそうなのかな?この値段で航空券買えるなら、飛びつくのも分かる気がする。その分、色々なサービスが簡素化されたり省かれたりするみたいだけど、乗っている時間が短いなら問題ない気がします。

飛行機内最初は、正直言って日本には向かないんじゃないかなって思っていました。
私もそうだけど、飛行機のサービスも含めて楽しみたい感じだからねえ。私の場合、どんな状況でもその場を楽しめてしまうことが多いので平気かもしれないけど。

でも、サービス満点の全日空大好きです。だから、日本向きじゃないなって思っていました。
まあ、それなりに普及してきている感じもするので、これからに期待っていうところでしょうか。

海外のLCCだと、アイルランドのライアンエアが友達一押しなので、いつかは乗ってみたいです。
そうそう、この前スペインの友達がLCC使って旅行したらしい。どうだった?って聞いたら、気体トラブルで飛行機が飛ばなかったとか。その後30時間空港に缶詰。「お疲れ様です…」としか言えませんでした(苦笑)。
そういう話を聞くとLCC怖いなあって思うけど、何事も経験だよね。機会があったら乗ってみよう。

飛行機に乗っても時差ぼけしません

私が海外旅行に行っても、なぜか時差ぼけをしたことがありません。時差ぼけってどういう状態になるのかよく分からない。
友達に聞くと、早く起きたり変な時間に眠くなったりするんだって。たぶん、体内時計が狂ってるんだよね。

眠る子犬一般的には、西回りよりも東回りの方が時差ぼけになりやすいって聞きます。
確かにハワイに行ったときは、行きも帰りも頭がおかしくなったような気がしました。
日付変更線を越えるので、日付の感覚がおかしくなってしまったんだと思います。
旅行中は、日付と曜日の確認を毎日友達とやってました。
帰って来てからも、「今日は何日の何曜日」って朝起きたときにしばらく確認してたなあ。
私の時差ぼけってこの程度です。この程度では時差ぼけとは言わない!って言われそうですね(笑)。

恐らく、飛行機の中でけっこう眠れるし、機内食もきちんと食べてるからじゃないかなと思います。
飛行機で機内食を出す理由のひとつは、時差ぼけ防止のためなんだとか。
到着地の時間に合わせて食事を出せば、生活のリズムに身体を慣らすことができるらしい。

確かに、食事や睡眠は生活のリズムを崩さないためには大事なことだよね。
決まった時間に起きて、ご飯を食べて、寝るっていうリズムを続けるのって大事。
最近は、休みの日でも平日と同じように起きるように努力してます!

Copyright © 飛行機と海外旅行にときめく女子のお気楽エッセイ All Rights Reserved.